はじめての妊活NOTE

   

妊活をしているときには必要な栄養を考えて食事をする

妊活をするためには、妊娠しやすいからだづくりをすることが必要です。そして、体は食事に含まれる栄養が、原材料になります。ですから、普段から食べているものを変えてみることで、不妊に悩んでいた人でも妊娠できる可能性が高まります。

では、妊娠しやすいからだづくりに必要な栄養とは何かというと、骨や血管、皮膚などをつくるたんぱく質そして骨や歯をつくるカルシウムは外せません。そして血液の中にあり酸素や栄養を全身に届けるという重要な役割を果たす鉄分も、子宮が妊娠しやすい環境になるためには必須です。それから同じように子宮の環境を整えるビタミンA、胎児の成長を助けて早産などのリスクを防ぐビタミンDと葉酸は健康な赤ちゃんを産むためには摂っておくべき栄養です。他にも精子の活動を活発にしたり女性ホルモンの生成にも効果があるので、男女ともに摂取しておくべき栄養として亜鉛があります。

もちろん、ここで挙げていない栄養も健康的なからだになるためには、摂取しておくほうが良いでしょう。ただ、特に重要であるということで食事をするときには意識をしてください。

では、具体的にどういう食事を用意すればいいのかというと、まず葉酸や鉄分、亜鉛、ビタミンなどは味噌汁に含まれています。ただ、味噌汁は塩分がありますから、大量に摂取はできません。ですから必要な量をとるためには、主菜、副菜もしっかりと考えておくべきです。肉や赤身魚を食べれば、動物性たんぱく質と鉄分を摂取できます。しかし、たんぱく質ということでは動物性よりも植物性を多く摂ったほうが妊活には最適です。植物性タンパク質というと、大豆などに含まれていますから、豆腐や納豆を常備しておくと良いでしょう。あとはとうもろこしやバナナなどにも含まれていますから、おやつや食後のデザートにもできます。

胎児の成長には欠かせないビタミンDや葉酸についていえば、ビタミンDは魚介類やきのこ類に、葉酸は海藻、枝豆、きのこなどに含まれます。葉酸についていえば、海藻の中でも海苔に含まれている量が極めて高いですから、食事には必ずつけておいたほうがいいです。海苔にも色々と種類がありますが、焼き海苔が一番葉酸を多く含んでいます。

亜鉛は牡蠣や牛肩肉に含まれていますが、一緒に柑橘類に含まれるビタミンCを摂取しておくと吸収率が高まります。他の栄養についても言えることですが、ただ食事で摂取しても体に吸収されなければ意味がありません。亜鉛だとビタミンCとは逆にほうれん草にあるシュウ酸などが、体に吸収されるのを邪魔します。ですから一緒に食べる組み合わせが良いのか、それとも悪いのかも確認する必要があります。

食材に気をつけて妊活に必要な栄養を補給したとしても、食事だけでは栄養が足りないこともあるでしょう。そういうときには、足りない栄養をサプリメントで補うことも考えたほうがいいです。妊活サプリと呼ばれるものであれば、ここに挙げた栄養をまとめて摂ることができます。

そうして必要な栄養を摂取できるようになったとして注意しなければいけないのが、感染症や寄生虫などです。万が一にも危険な細菌が体内に入り込むと、妊娠していたときには胎児にも影響が出てきます。ではそういった危険を避けるために、どうすればいいのかというと加熱処理をしていないものは食べないことです。例えば刺し身や生ハムなどは、美味しい事がわかっていても妊活中は我慢したほうがいいです。

それだけでなく魚であれば水銀の含有量が多い種類もあります。キンメダイやクロマグロなどが注意するべきものです。厚生労働省が調査を行い、妊婦が注意するべき魚介類の種類と摂取量の目安というデータが発表されていますから、それを参考にしたほうがいいです。

サプリ , 栄養 , 食事