Categories: 助成金病院受診費用

妊活の費用は夫婦で計画的に

妊活にかかる費用は想像以上です。自分が不妊かどうか調べるには、専門のクリニックを受信する必要がありますが、必要な検査は血液検査の他に卵管造影検査など複数あり、すべて受けるとだいたい5万円程になります。不妊の検査は自分だけではなくパートナーも受ける必要があります。精液検査や感染症の有無、それから受精可能な精子がいるかどうかの分析費などあわせると1万円ほどになるため、検査だけで数万円すぐに飛んでしまいます。

不妊と診断されて治療が始まれば、新たなお金がかかります。通常不妊治療には段階があって、タイミング法から始まり、それがだめだったら人工授精(AIH)、それも無理だったら体外受精、そして顕微受精へとステップを踏んでいきます。

タイミング法では、排卵誘発剤(飲み薬)と通院費を入れると月に4~5万円ほどかかります。自己注射を取り入れればその費用が上乗せされます。人工授精の場合、授精1回につき約3万円かかりますが、受精を行う日を選ぶため通院する必要があるのでそれを入れると月5万円ほど見ておいたほうがいいでしょう。1回で成功しなければ、費用はもっとかさんでしまいます。精子と卵子を体外で受精させ、それを子宮に戻すのは、体外受精または顕微授精と呼ばれている治療方法です。これらの方法は特殊技術と設備がいるため、治療費は50万円ほどと高額です。タイミング法で見事赤ちゃんを授かれば、治療費はそこで終わりになりますが、顕微受精まで進むことを考えたら、ある程度まとまったお金を用意する必要があります。

タイミング法は保険が適用されますので、自己負担は軽くなります。人工授精以降の方法は保険が適用されないため、すべて自己負担になります。不妊治療でかかる費用の相場は安くて45万円ほど、体外受精などの方法を取り入れた場合は、150~200万円です。加えて治療を続けている間は通院したり生活習慣に気を配るなど、仕事を休んで取り組む女性も多く、その場合、治療を続けている間はパートナーの収入に頼ることになります。

妊活の費用を準備するならできるだけ早くから行動することに越したことはなく、パートナーと協力しながら進めていくことがポイントになります。最低でも月々数万円は必要になり、プラスして体外受精など高額な治療に備えて貯蓄もしておいた方がいいでしょう。妊活中は仕事を休むというのなら、その前から月々いくらかを治療費に回すのも得策です。

資金準備には助成金制度の検討も欠かせません。国の助成金制度は、体外受精または顕微授精の治療をする夫婦に対して、15~30万円支給されます。妻の年齢や夫婦の年収などいくつか条件はありますが、助成金を受給できれば、自己負担はかなり抑えられるのではないでしょうか。不妊治療の助成金制度を実施している各地方自治体もあります。最寄りの地方自治体が制度を実施しているかどうかは窓口やホームページで確認することが出来ます。国の助成金では足りないという場合に最大いくらまでなど、内容は各地方自治体で異なりますが、もし条件を満たすようなら申し込んでみるといいでしょう。

一部企業では、不妊治療を福利厚生に入れている場合もあります。例えば保険適用外の治療に対し、会社が7割負担すると言った内容です(制度を導入している企業によって異なります)。こうした企業はまだ少数ですが、もしかしたら自分の勤めている会社でも不妊治療に対して助成制度を取り入れているかもしれません。念の為に確認しておくことをおすすめします。

妊活は一人ですることはできません。パートナーも検査の対象になりますし、金銭面でも頼ることが多くなります。高度な治療を取り入れればそれだけ費用もかかりますので、妊活をすると決めた時点から2人で話し合い、計画に進めていくことがポイントになります。
admin

Share
Published by
admin

Recent Posts

  • 旦那
  • 生活習慣
  • 食事

妊活は旦那にも必要

女性の中には、妊活をしている人もいますが…

  • サプリ
  • 葉酸
  • 食事

女性にとって大切な葉酸と妊活

女性にとって葉酸は重要な栄養素ですが、妊…

  • ライフステージ
  • 仕事
  • 転職

妊活と転職について

女性が社会で働いていくと、様々なライフイ…

  • 生活習慣
  • 運動
  • 食事

妊活の基本は生活習慣にある

妊活をするといっても、何から手を付けてよ…

  • ストレス
  • 両立
  • 仕事

妊活と仕事は両立できるのか

妊活にストレスは大敵です。しかし、現代は…

  • ストレス
  • ヨガ
  • 運動

妊活もサポートできるヨガ

健康と美容のためにヨガのレッスンを受ける…