Categories: ライフステージ仕事転職

妊活と転職について

女性が社会で働いていくと、様々なライフイベントからくる選択をしなければならない状況もあります。例えば、妊活か転職下で迷っているという女性もおり、今の職場は好きだけれども、子供を持つと働きにくくなるということもあるのです。子供を持ちたいと考える女性はとても多いのですが、社会で活躍している場合、子育てがキャリアの妨げになると考える人は男性よりも女性の方が多いのです。

そんな時、妊活がイコール天職という選択肢に結びついてしまうという状況もあると言えます。結婚すれば家庭を持って子供を育てるということは代々続いてきた日本の伝統でもありますが、そうすることがキャリアをあきらめることに繋がってしまうのはとても残念なことと言えるのではないでしょうか。例えば、配置換えをしてもらうということが可能なら、子育てと両立しやすい部署などに配置換えをしてもらうという方法もあります。女性にとって妊活か転職化を選ばなければならないのはとても辛いことと言えますが、仕事を辞めるということは最終手段と考えて、できるだけ働ける選択肢を選ぶということが大切と言えます。

しかし、同時に考えておくべきこととして、子育てを行った時にサポートしてもらったスタッフなどの待遇についても会社は考えておくことが必要と言えます。例えば、正社員で勤める女性が妊活の結果、育児休暇を取得した場合などに、代替として仕事を行ってもらったスタッフのキャリア形成についても考える必要があるでしょう。その間、仕事を行ってもらったスタッフの生活なども考えた対応を取ることで、国としても少子化の問題なども解決し易くなるのです。正社員だけを活かすという考え方は、将来の人口構成を考えた時にマイナスに働くかもしれません。仕事を行う人が雇用形態に関わらず安心して妊活を行うことができるような社会づくりを行うことが大切だと言えます。

それでも妊活を行うのか、それとも転職を選択すべきかということになった場合、同じ職種でより育児ということに理解がある職場を見つけるということが次におすすめです。例えば、できるだけ残業が少ない職場であったり、急な子どもの発熱などで有給休暇や休みがとりやすい職場を探してみるという方法があります。同じ業種であればなかなか難しいという場合には経験を活かして転職できる、異なった業種の仕事を見つけるという方法もあります。給料は下がってしまうかもしれませんが、仕事と育児を両立し易くなると言ったメリットや、働き続けられると言った点から生涯賃金については節約などを工夫することでそれほど変わらなかったり、退職後の年金などもそれほど大きく違わなかったということもあると言えます。まずは正社員の仕事を探してみるようにすることがおすすめです。そして、思うような正社員の仕事が見つかりにくいという場合には非正規などの雇用形態などを含めて検討していくという方法があります。

こうしたことは、男性であればあまり気にせずにそのまま家族を支えるために仕事を継続していくという場合もあるかもしれません。しかし、女性の場合は男性とは別の形で子どもの近くにいることで家庭を支えるという選択を選ぶ人が男性よりも多いということなのです。こうした選択は人それぞれです。そのため、自身で選択する時には様々なケースを参考にしてベストな方法を選ぶことが大切です。男性もそうした選択をサポートしていくことが必要ですが、できるだけ女性の意見を尊重していくようにし、お互いにサポートをし合えるような関係作りをしてくことが大切です。

人生には様々なライフステージがありますので、よりよい選択ができるようによく話し合っていくことが重要です。
admin

Share
Published by
admin

Recent Posts

  • 旦那
  • 生活習慣
  • 食事

妊活は旦那にも必要

女性の中には、妊活をしている人もいますが…

  • サプリ
  • 葉酸
  • 食事

女性にとって大切な葉酸と妊活

女性にとって葉酸は重要な栄養素ですが、妊…

  • 生活習慣
  • 運動
  • 食事

妊活の基本は生活習慣にある

妊活をするといっても、何から手を付けてよ…

  • ストレス
  • 両立
  • 仕事

妊活と仕事は両立できるのか

妊活にストレスは大敵です。しかし、現代は…

  • ストレス
  • ヨガ
  • 運動

妊活もサポートできるヨガ

健康と美容のためにヨガのレッスンを受ける…

  • クリニック
  • 検査
  • 病院受診

妊活と病院受診について

結婚してから、子供が欲しいと思った時に、…