Categories: ストレス両立仕事

妊活と仕事は両立できるのか

妊活にストレスは大敵です。しかし、現代は共働きが当たり前の時代。子どもが欲しいのに、責任ある仕事を任されストレスでボロボロ、それが原因でパートナーとはケンカになってしまって本末転倒、という話もよくあることです。

妊活に専念するために辞めてしまおうか、と悩んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。仕事を辞める選択肢は最後の最後まで残しておいて欲しいのです。妊活と仕事を両立するために、出来ることを考えてみましょう。

まず、なぜ出来れば仕事を辞めない方がよいかというと、出産手当金や育児休業給付金など金銭面においてメリットが大きいからです。子育てにはお金がかかります。もし給付を受けられる条件を満たしているのならば、続けることを前向き考えて欲しいと思います。

また、退職することでストレスが大きくなる場合もあります。ストレスフリーな環境で妊活に専念しようとしたけれど、そのことがかえってプレッシャーになってしまい、早く妊娠しなければと焦る気持ちがどんどん増長するのです。そして気晴らしのためにパートを始めた途端、妊娠したというのも珍しい話ではないのです。会社に所属し、社会との繋がりを持っているというのは無意識のうちに安心感を得られています。この所属意識がなくなると、孤独に陥りやすくなります。仕事を失ったのに、もしこのまま子どももできなかったら、という不安に苛まれる人もいるでしょう。働くということは、苦しい側面はありますが、精神的にプラスに作用している面もあるのです。

出産後もまた働くことを希望しているのならば、なおさら辞めないことをおすすめします。特に子どもが小さいあいだは、就職活動でさえままなりません。産休育休中ですら保育園に入ることができない子どもがいるのに、求職中だと入園の優先順位はさらに低くなります。それでももし今の職場では働き続けられないのならば、一度妊活はお休みして転職活動してはいかがでしょうか。出産後よりは間違いなく就職しやすいです。その際、家族計画について尋ねられたら正直に話しておくことがマナーであり、就職後のためでもあります。もし妊娠希望であることを隠して就職し、すぐに妊娠した場合、今度は職場への妊娠報告に悩むことになります。妊娠希望であることを伝えた上での就職であれば、妊娠も快く受け入れてくれそうですし、その後も安心して働けますね。

働きながら妊娠を希望しているのなら、その旨を職場に話しておくことがベターです。そんなプライベートなことを話したくない、と思うかもしれません。しかし、そうすることで妊娠した場合を想定した配置転換をしたり、残業を減らすなど考慮してもらえる場合もあります。また、不妊治療のために通院が必要になった場合に理解を得られやすくなります。

職場に迷惑をかけたくない、と自分一人で抱え込んでしまうより時には同僚に助けを求めることも大切です。産後は、子どもの保育園行事や急な病気などで休まなければならならないことが増えます。自分一人はどうにもならないことが格段に増えるのです。人を巻き込む力を養っておくことも重要なことです。

妊活を公言するとは言っても、一方的な宣言にならないように注意は必要です。また配慮されるを当然のことと思ってはいけません。

私は入社した当時、女性の上司に、産休育休の制度は整っているけれど、制度に甘えず、復帰後にまた一緒に働きたいと思われる仕事をしなさい、と教えられました。その上司は人望が厚く、まさにその言葉を体現したような人でした。

もし職場に子育て中で大変な同僚がいれば積極的に協力し、協力の輪を広げていきましょう。助け合う意識が広がり、その意識が根付いていけば、産後も働きやすい環境になると思いますよ。
admin

Share
Published by
admin

Recent Posts

  • 旦那
  • 生活習慣
  • 食事

妊活は旦那にも必要

女性の中には、妊活をしている人もいますが…

  • サプリ
  • 葉酸
  • 食事

女性にとって大切な葉酸と妊活

女性にとって葉酸は重要な栄養素ですが、妊…

  • ライフステージ
  • 仕事
  • 転職

妊活と転職について

女性が社会で働いていくと、様々なライフイ…

  • 生活習慣
  • 運動
  • 食事

妊活の基本は生活習慣にある

妊活をするといっても、何から手を付けてよ…

  • ストレス
  • ヨガ
  • 運動

妊活もサポートできるヨガ

健康と美容のためにヨガのレッスンを受ける…

  • クリニック
  • 検査
  • 病院受診

妊活と病院受診について

結婚してから、子供が欲しいと思った時に、…